TOP

理系風俗嬢のに妙なエロさを感じました。様々な出会いがあった風俗体験談です。

彼女の恥じらいでついソープでそそられた

まだまだ若いソープ嬢ではありましたが、だからこそなのかもしれません。彼女は計算しているのかナチュラルなのかまでは分かりませんが、ものすごく恥ずかしがり屋だったんですよね。だから裸になる時でさえチラチラとこちらのことを見ていました。まるで初めてベッドを共にするカップルかのような雰囲気(笑)言いようのない緊張感がありました。
彼女自身、恥ずかしがっているのが少し可愛く思いましたけど、それは脱ぐ時だけではなかったんです。いろんなシチュエーションにおいて、本当に恥ずかしがっているんですよね。そこがとっても素晴らしかったんですよ。なぜなら、その羞恥心は中洲のソープにいるほかのソープ嬢からはあまり見えないものというか、ソープ嬢にとっては裸になるのなんて一種の仕事のようなものじゃないですか。
だからそれこそごくごく当たり前のように脱ぐソープ嬢の方が中洲でも多いと思いますけど、彼女は最後まで恥じらっていました。そこに、男としてそそられてしまったんですよね。

中洲のソープで放心状態になってしまいました

あの日、自分はソープで発射した後ある種の放心状態になってしまいました。それくらい気持ち良かったからこそです。
中洲のソープが気持ち良いのは当たり前だと思うんですよ。むしろ男は気持ち良いからこそ発射すると思うんですけど、その日は発射の瞬間だけじゃなくて、すべての面で気持ち良かったんですよね。プロセスというか、彼女がいろいろなことをしてくれるので、そこにも魅了されたんです。だからフェラをされている最中、途中からは「早くイカせてもらいたい」と思うようにもなっていたんですよ。決して焦らされていたとかではないんです。彼女が上手くコントロールしてくれていたんでしょう。だからこちらとしてもどんどん気持ちが盛り上がっていったんですよね。
それもあって、発射した時には気持ち良さと共に、放心状態になってしまったんですよね。あそこまで気持ち良かったのは、中洲のソープだとか関係なく人生史上でもあまり記憶にありません。それだけの時間を楽しめたってことです。