>  > 女の子のテンションは大切

女の子のテンションは大切

風俗で大切なこと、それは女の子のテンションです。間違いなくテンションが高い方が満足度が高いです。でも風俗嬢だって人間。テンションはいろいろとあると思うんですよ。前のお客が嫌だったとか、お店からプレッシャーをかけられたとか。常にハイテンションでは居られないと思うんです。でもじゃあテンションが低い時は諦めるのかといえばそうじゃなくて、テンションが低い時には男側からテンションを高めれば良いって話ですね。風俗嬢は案外おだてんに弱いような気がするんですよ(笑)例え歯の浮くようなお世辞だって分かっていても女の子は割と喜んでくれるんです。言葉そのものよりも、お世辞を言って気を使ってくれているってことに対して嬉しいのかもしれないですよね。もちろんお世辞以外にも女の子のテンションを高める方法はいろいろとありますので、テンションの低い女の子に対してはお客云々ではなくて男側からいろいろと仕掛けてテンションを高めれば良いんじゃないかなと。

目の前まで考える

どんなプレイを楽しむのか。これは風俗嬢の目の前まで考えます。そこまでは、いわば理屈の領分なんですよ(笑)どんなプレイにするのか。そもそもどの風俗嬢を選ぶのかから始まりますよね。ポータルサイトを見て良さそうな子はいないのかや、気になるお店はないか。クーポンはないのか。いろんなことをチェックしますし、気になるお店や女の子を見つけたら個別にお店のホームページも見ますよね。ここまではいわば理屈の領分だと思うんですけど、実際に女の子に会ったら理屈なんて吹っ飛ぶので、女の子の目の前まではあれこれ考えて、女の子と会ったらそこからは本能に任せたプレイをするのが一番なんじゃないかなと思いますけどね。それくらいの気持ちの方が、自分としても気楽にいろいろなことを楽しめると思うので、自分にとっても良いものを得られるんじゃないかなと思っているんですよね。それがあるので、風俗ではいろんな気持ちを抱えたまま、女の子と向き合います(笑)

[ 2017-05-24 ]

カテゴリ: 風俗体験談